オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
薬とマスク マスク
    薬とマスク

    ノロウイルス

    冬場は空気が乾燥し、さまざまな病気が恐れられています。特に心配なのが「ノロウイルス」です。食べ物などにウイルス...

    Readmore
    薬を飲む

    ノロウイルスの注意点

    ノロウイルスは病名ではありません。菌の名称です。ノロウイルス菌によって引き起こされる病気は主に食中毒です。さら...

    Readmore
    マスク

    予防と対策

    ノロウイルス対策にため、学校や職場などではこまめな消毒を実施しています。出入口や教室内に消毒液を置き、外でのウ...

    Readmore

ノロウイルスの注意点

薬を飲む

ノロウイルスは病名ではありません。菌の名称です。
ノロウイルス菌によって引き起こされる病気は主に食中毒です。さらに別の菌で起きた食中毒に比べ、症状も重く、感染率も非常に高いです。

食品の保存に油断してしまいがちな冬場に多いため、その感染者も多くなったと考えられます。

一般的にノロウイルスを多く含んでいる可能性があるとされている食品は貝です。
特にカキやアサリ、ホタテなどの二枚貝が危険だとされています。
そのため、貝を食べる際はより注意が必要です。出来るだけ生のまま食べることは避け、しっかりと加熱すると良いです。外だけではなく、中まで熱が届くように気をつけてください。

徹底した対策や消毒を行っていても、ノロウイルスに感染してしまうことがあります。
もしも感染してしまった場合は直ちに病院に行き診てもらうと良いです。人へ感染し被害が拡大する可能性があるため、一刻も早く治療に専念することが大切です。
また、下痢や腹痛、吐き気などノロウイルスに近い症状が起きた時もすぐさま病院に行くことが良いと言えます。腸内でどんどん増殖していくノロウイルスははやめの治療が必要です。

食品を扱う企業では、家族や従業員などが感染した場合は上司に報告することがマナーです。対策を練り、拡大を防ぐよう努力してください。

冬場だけではなく、うがい、手洗いは、日頃から行った方が良いです。感染症への対策や殺菌、消毒を毎日心がけることはとても良いことです。
健康でいるために、自分なりに対策することをおすすめします。

予防と対策

マスク

ノロウイルス対策にため、学校や職場などではこまめな消毒を実施しています。
出入口や教室内に消毒液を置き、外でのウイルスを持ち込まないようにしています。
また、トイレや手洗い場では、入念に手を洗うよう注意を呼びかけてあり、消毒液も備えられています。
そうすることで、ノロウイルスだけではなく風邪や感染症を防ぐことに繋がります。

爪の中や指の間など、見逃してしまいがちな部分への洗い方など、手洗いのマニュアルポスターなどを貼り出しているところもあります。
全国各地でこうしたノロウイルス対策に力を入れています。

消毒する場所は人だけでは不十分です。ドアノブや階段の手すり、エレベーターのボタンなど、人が多く触る場所にも消毒が必要です。
また、調理機器や食器などから食品にウイルスが付着し、体内へ入り込むこともあります。
人自体も大切ですが、普段触れる場所や食品が触れる物なども徹底的に消毒することでノロウイルス予防の対策になります。

夏場、食品に見られる細菌は食品の中で菌が増えます。そのため、嫌な匂いを放出し、危険を察知することが出来ます。
しかし、ノロウイルスは、食品では菌は増えません。そのため、菌が付着しているのかが判断しづらく、つい口に入れてしまいます。すると、ノロウイルス菌が腸の中で一気に増え、感染症状が見られるという仕組みです。

ノロウイルス菌は他の細菌に比べ大きさがとても小さいです。手のしわや衣類、さまざまな細かい場所に入り込みやすく、簡単には取れません。時間をかけしっかりと手を洗い消毒することで予防できます。

人の便や排出物から感染することもあるため、トイレでは細かい消毒が必要です。人が使った後、また自分が使った後、除菌シートで便座やトイレの蓋など拭くことも対策の一つです。
また、蛇口なども菌が付着しやすいので手を洗い終えた後、注意してください。手洗いシンクにも菌が付着している可能性があります。こまめに掃除、消毒すると良いです。

ノロウイルス

薬とマスク

冬場は空気が乾燥し、さまざまな病気が恐れられています。
特に心配なのが「ノロウイルス」です。

食べ物などにウイルスが付着し、それが食事等から体内に入ることで食中毒を引き起こします。また、中には感染性胃腸炎になることもあります。
ノロウイルスの名前が知られるようになったのは、およそ10年前、学会で正式に「ノロウイルス」と命名されたことがきっかけです。ノロウイルスの「ノロ」とは、進行が遅い、ゆっくり治る、などという意味ではありません。初めて発見された地名から名付けられました。

冬場に多く見られるだけで、年中ノロウイルスに感染する恐れがあります。
対策としては、食品はしっかり熱を通すということです。ノロウイルスは熱に弱いため、役1分半ほど、しっかりと熱を通すことによってその力を失います。

日頃食事を取ることが当たり前なため、学校など、みんなが同じ食事をとる場所や、大量に食事を作る飲食店では、一気に広まる可能性があります。
そのため、商品を扱う人は入念な消毒、こまめな殺菌が大切です。

ノロウイルスに感染してしまうと治るまでに大体丸一日から二日ほど掛かると言われています。
吐き気や腹痛に始まり、下痢や嘔吐、発熱などの症状を発症します。中には感染しても軽い症状で済む人もいます。
また、空気感染や感染者の嘔吐物などに触れてしまうと感染する恐れがあります。看病する際はマスクや手袋など、対策を行うと良いです。
もし触れてしまった場合はしっかりと洗い、消毒すると良いです。
うがいも必要です。